このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
Follow : facebooktwittergoogle+youtube

先史時代の動物

お子様が本アプリケーション(iPad / iPhone対応)で学習できる動物に関する全てのコメントのリストです。

ブロントテリウム ブロントテリウム
ブロントテリウムの名前の意味は、「雷の獣」だよ
ブロントテリウムは、巨大なサイに似てるよ
デイノテリウム デイノテリウム
デイノテリウムの名前の意味は、「恐ろしい獣」だよ
デイノテリウムは、下の方へ押して身を守るんだ
ドエディクルス ドエディクルス
ドエディクルスは、巨大なアルマジロに似てるよ
ドエディクルスの尾の先端には、長い棘があったよ
マクラウケニア マクラウケニア
マクラウケニアの名前は、「大きいラマ」で、大きさはラクダと同じ位だよ
マクラウケニアの首は長くて、鼻はそれ程長くないけどゾウの鼻みたいだよ
パラケラテリウム パラケラテリウム
パラケラテリウムは、角がない巨大なサイだよ
パラケラテリウムは、「インドリコテリウム」とも呼ばれるよ
スミロドン スミロドン
スミロドンの名前の意味は、「よく切れる歯」だよ
スミロドンは、「サーベルタイガー」とも呼ばれるよ
マンモス マンモス
マンモスは、長い牙を使って雪の中にある草を探して食べてたんだよ
マンモスの厚い毛皮は、寒さに適用してたよ
ケブカサイ ケブカサイ
ケブカサイは、当時とても寒かったアジアとヨーロッパにいたんだ
ケブカサイは、今のサイと同じくらいの大きさだったよ
穴居人 穴居人
穴居人は、住んでいた穴の中にマンモスやサイの絵を描いてたよ
穴居人は、恐竜よりずっと後に現れたから、恐竜のことを知らないんだ
ダエオドン ダエオドン
ダエオドンの名前の意味は、「破壊的歯」だよ
タエオドンは、サイくらい大きいイノシシみたいなんだ
ウインタテリウム ウインタテリウム
ウインタテリウムは頭は大きかったけど、脳は小さかったんだ!
ウインタテリウムは、頭に短い角があって、長い牙が2本生えてるよ
アルシノイテリウム アルシノイテリウム
アルシノイテリウムはサイみたいに大きくて、とても大きな角が2本あったよ
アルシノイテリウムの大きな2本の角のすぐ後ろには、とっても小さな角があったんだ。
クロノピオ クロノピオ
クロノピオは「サーベルの歯を持つリス」とも呼ばれているよ。
クロノピオは、最後の恐竜たちと同じ時期に生きていたんだ。
エオヒップス エオヒップス
エオヒップスはウマの祖先だよ。
エオヒップスは犬くらいの大きさだったんだ。
ホラアナライオン ホラアナライオン
ホラアナライオンは、今のライオンよりずっと大きかったんだよ。
ホラアナライオンは、バイソンとオオツノシカを食べていたんだ
フォルスラコス フォルスラコス
フォルスコラスは、先史時代の鳥で飛ぶことはできなかったけど、走るのがとっても速かったんだよ。
フォルスコラスは肉食で、大きく尖ったくちばしで小さな獲物を攻撃してたんだ。
アルクトドゥス アルクトドゥス
アルクトドゥスは、地上で一番大きいクマに数えられるよ。ホラアナグマより大きかったんだ!
アルクトドゥスは何でも食べてたんだよ。体が大きいから、他の動物はアルクトドゥスから逃げたんだ。
ダーウィニウス ダーウィニウス
ダーウィニウスには、かぎ爪のかわりにけずめと爪があったよ。
ダーウィニウスは、木の上で生活をして果物を食べていたんだ。
メガテリウム メガテリウム
メガテリウムは、象みたいに大きかったんだ!
メガテリウムは、太い尻尾で支えながら後ろ足で立ち上がって長い爪で木の葉を取っていたんだよ。
プラティベロドン プラティベロドン
プラティベロドンは象の祖先だよ。
プラティベロドンは、鼻の先の平たい2本の牙で、シャベルみたいに土の中を掘って食べ物を探していたんだ!
ティタノボア ティタノボア
ティタノボアは、地上に存在した一番大きい蛇だよ。長さは15メートル。重さは2トンもあったんだ。
ティタノボアは、アナコンダみたいに大きい魚やクロコダイルを食べていたみたいなんだ。
アケロンティクス アケロンティクス
アケロンティクスは、亜熱帯森林の川にいたとても大きなクロコダイルだよ。
アケロンティクスは、大きかったけれども、自分より2倍も大きいティタノボアに攻撃されていたんだ。
メガロケロス メガロケロス
メガロケロスは、毎年抜けては生えてくる大きな角をもつとても大きな鹿だよ。
メガロケロスは、角が大きいから、森の中じゃなくて草原に住んでいたんだ。
ヒエノドン ヒエノドン
ヒエノドンの意味は「ハイエナの歯」だよ。
ヒエノドンは、時々群れで生活したり狩りをしたりしていたんだ。